■プロフィール

takahashi fusae

Author:takahashi fusae
はじめまして。英会話ワンツースリーステップスの高橋です。イギリスの南西ウェールズの田舎に引っ越して5年、イギリスの生活も20年となりました。はじめてイギリスに到着したときは、英語は全く話せんでしたが、大苦労を経た結果、今では毎日の生活は英語です。普段は自給自足に近い生活をしていますが、そんな私から英語を学んでみませんか?スカイプを使った英語教室では、イギリス人の夫のフィルも、毎回、参加します。
お問い合わせ、ご質問は123stepsinfo@gmail.com迄お願いいたします。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
A happy new year
Happy New Year

Have a fun!!




スポンサーサイト
日常会話 | 12:59:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
眠い?疲れた?
日本語では「疲れたな」、「眠いな」と言う言葉はまるっきり

違う言葉です。

ところでが英語では、同じ単語を使うことがあり、どんな意味で言っているのかわからないことがりあります。

I'm tired.

なんとも簡単な言葉ですが、この言葉にはこの2つの意味が含まれています。

スポーツなどをして疲れたとき。
仕事で疲れたとき。

I'm so tired.
I'm exhausted.

夜、眠いとき。

I'm tired.

最近、娘と考えた言葉でした。


未分類 | 21:49:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
簡単な数字の英語
今日はちょっとした数の言葉です。


Addition      足し算
Substraction    引き算
Multiply      掛け算
Division      割り算

Decimals      少数
Negative number  マイナス


知っておくと便利な言葉です。



役に立つ単語 | 09:34:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
Leftをどうやって訳しますか?

1.I left my umbrella at home.

2.I left the book in my kitchen.

3.He left his Laptop in his car.

4.They left their house at 3.



上記の4つの文をどうやって訳しますか?


leftはleaveの過去形。

leave 「出発する」と言う意味で使いますね。

上記の4つの文章のうち、出発したと使うのは4だけです。

他の意味は「置いてきた、忘れてきた」という意味になります。


答え

1、傘を家に置いてきちゃったわ
2、その本をキッチンに忘れてきたよ。
3、彼はノートパソコンを車においてきてしまった。
4、彼らを家を3時に出発(出ました)しました。



何度も書いて、言ってみましょう。

イギリス人の良く使う言葉 | 09:56:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
何でも上手になるには1万時間必要だそうです
ピアノを始めました。

子供の頃習っていましたが、やる気がなかったので、ちっとも上達しませんでした。
でもずっとピアノが弾けるようになりたいと思っていました。

去年娘たちがピアノのレッスンをはじめたとき、この先生に習えば上手になるだとうと思いましたが、ピアノを習うなら、ピアノを弾きたい。
まずピアノを買わなくちゃいけないし、レッスン代も高いしと躊躇していました。
でも「心の中では来年の9月にははじめるぞ!!」と密かに決心していたのです。

ここウェールズでは、友人たちが集まるとみんな楽器を弾き出します。
わたしも、、、仲間に入りたいと思うものの、何も弾けません。


どうしてもピアノが弾けるようになりたい。

そしてピアノを買うことにしました。そしてピアノを習うことにしたのです。

私はどうしてもサティーが弾きたかったので、大胆にサティーを教えてもらうことにしました(この先生は難しい曲にも最初から挑戦させてくれるのです)。


レッスン初日。。。なんでこんな難しい曲を選んでしまったのだろう。手は動かない、楽譜も読めない。その日家に帰り、練習をしました。ちっとも弾けません。


2日目。サティーのCDを聞きながら、サティーの音楽の意図を考えました。右手は何を言っているのか?左手は?曲の形が見えてきました。

何度も練習してみました。


3日目。何度も、何度も練習し、両手一緒に弾いてみました。ちっともうまくできませんが、なんとなくわかってきました。


4日目の今日。何度も、何度も練習しました。楽譜を見るのが怖くなくなってきました。右手と左手と一緒に弾くのは未だに難しいものの、リズムもわかってきました。


何かのプロになりたかったら(上達したかったら)、1万時間の時間をかけなくてはいけないということです。子供の頃にどれだけ練習したのか?うーん、、、ほんの少ししか練習しなかったな。親のお金を無駄にしたな。。。今は自分のお金でレッスンをするので、真剣です。1万時間くらい練習してうまくなりたい!!と思うのです。


さて、なんでピアノのことを書いたのでしょうか?

英語を上達するのも同じです。

週に1-2回の練習じゃちっとも話せないと、イライラしているかもしれません。でも、うまくなるための努力はしているでしょうか?


何度も、何度も繰り返す同じことを繰り返すことで、ある日とても素敵に話ができるようになるのです。

イギリスに来る以前、英語の話せる友人に「どうやったら、そんなに話せるようになったのか?」聞きました。

彼女は英語の授業が大好きだったので、英語の教科書をただ覚えたそうです。

「This is a pen, This is a man」とか。それだけのことだったといいます。


どうですか英語に1万時間かけてみませんか?





英会話 | 11:46:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。